「こだわりの皮の旨味と具のうまさ!」

 

豚肉はとびきり新鮮長崎県産100%!

 

玉ねぎ長崎・北海道産!

 

小麦粉長崎・九州産!

 

保存料や合成着色料は一切不使用!

毎朝4時から仕込みが始まり、造ったその日に全て完売

 

「具」の仕込み


桃太呂のぶたまん作りは早朝4時から始まります。
まずはその日に使う「具」の玉葱を切ります。

多い日には300キロほどの量となり寒い冬場にはつらい作業です。


大量の玉ねぎを一気に切った後、あえてしばらく時間をおきます。

玉ねぎに含まれる「硫化アリル」という成分は、血液をサラサラにし、免疫機能を高め、
ビタミンB1を効率的に働かせる効果等の体にとって非常に良い機能を持っております。

その反面熱に弱い特徴があります。

しかし、玉ねぎを切った後しばらく時間をおいて調理すると、玉ねぎの持つ酵素の働きにより、 加熱をしても硫化アリルが壊れにくく変質するのです。


ぶたまんの一番重要な材料である、豚肉は
新鮮で上質な長崎県産のものを100パーセント使用しております。

程よい肉の食感を残すために、
全て職人の手作業でブツ切りにしております。


このおかげで、桃太呂の長崎ぶたまんは小ぶりなサイズなのに
ジューシーで満足感があります。

「皮」の仕込み


独自配合の国内産小麦粉に生イーストをお湯で合わせ混ぜます。

実は、この「皮」を仕込む作業がぶたまん作りでもっとも難しく、経験が必要な仕事なのです。
パン作りの経験がある方にはお分かりいただけるでしょうが発酵させるタイミングが職人の腕の見せ所です。

膨れ過ぎても膨れなくてもだめ。
丁度食べやすく、ほどよい弾力のある「ふわふわでもちもち」の長崎ぶたまんの皮に仕上げる為には、とても重要なポイントです。
そのため、毎日の天気・気温・湿度にはとても気を使います。


スピーディーに「包」


 

 ひとつひとつを熟練した職人が心をこめてテキパキと包んでいきます。
包んだ後も皮の発酵はどんどん進んで行くので、丁寧さとスピーディーさが肝心です。

 

そして「蒸」し上げ


大量の蒸気で蒸し上げると「長崎ぶたまん」の完成です!
しかし、蒸し上がってもすぐに開店ではありません。

形・大きさ・味のばらつきなどを極力防ぐため「色」「艶」「香」
そして一番大事な「味」のチェックをいたします。

満足のいく「長崎ぶたまん」が出来上がって初めて開店となります。

 

「長崎ぶたまん」には絶対の自信と誇りを持って製造、販売しております。  
時間帯によりましては並んでお求め頂く場合もございますが、すぐにお買い求めいただけます。お待たせいたしません。長崎へお越しの際は、是非ご賞味ください。

 

その価値ありです!


店頭では「蒸し立て」と「お土産パック(通信販売では「通常パック」と称しています)」をご用意しております。

ご自宅で冷蔵・冷凍保存したり、ご贈答用にお買い上げいただき場合は「お土産パック」をご利用ください。
1パック(10個入り)税込800円です。
当日の朝製造したものを、粗熱をとり、パッキングして冷蔵しております。

購入後すぐにお召し上がる場合は、店頭の大きな蒸籠(せいろ)で「蒸し立て」のぶたまんがおすすめです!
蒸籠で蒸したアツアツのぶたまんは格別です。

1個税込80円からお買い上げできます。
(1時間程度で冷めてしまいますので、すぐに召し上がらない場合はお土産パックがオススメです。)

通信販売は  → 通常パック   化粧箱入り